貸倉庫を借りよう

事務所や会社に荷物が増えてきた、と思ったらぜひ貸倉庫を利用してみませんか。貸倉庫は、荷物を預かってくれる場所を探しているときにピッタリです。貸倉庫にはいくつか種類があるので、ランキング形式で紹介していきます。

人気の貸倉庫ランキング

no.1

倉庫型

いちばん代表的なタイプであるため、ランキングで一番上位になりました。預ける荷物が多かったり、大きめのサイズの荷物があるのならば、この倉庫型がいいでしょう。

no.2

ビルドイン型

建物の一角を貸し出して、倉庫にするこのタイプ。荷物の出し入れもしやすいため人気です。収納も部屋の大きさに合わせて、多くの荷物を預けることも可能です。

no.3

コンテナ型

空地に多くのコンテナが並んでいるのを想像していただくとわかりやすいと思います。家電や家具などの収納に最適なのがこのコンテナタイプです。

厳選!貸倉庫の選び方のポイントを知っておこう

倉庫

貸倉庫とは

少量の荷物から大きめの荷物まで、さまざまな荷物の量やサイズに対応した倉庫を業者が貸し出しています。これらを貸倉庫と呼びますが、荷物の一時的保管にとても便利です。貸倉庫は、広さや高さ、セキュリティーや立地など、倉庫といってもバラエティ豊かです。湿度が高い時期に長期間荷物を預けているときのカビ対策として、湿気対策で空調設備を管理している倉庫もあります。引っ越し時の荷物一時預かりや、会社の事業拡大のための荷物保管場所確保のために利用したりと、多くの人が貸倉庫を借りています。そんな貸倉庫の気になる料金ですが、都心部の貸倉庫は料金が高く、逆に都心から離れると料金が安くなる傾向があります。

貸倉庫の選び方

いったいどうやって貸倉庫を借りればいいのか疑問の人もいるかと思います。貸倉庫業者は、インターネットで調べることができます。多くの業者がホームページを開設しているため、そのホームページから倉庫を探してみましょう。貸倉庫は、業者を選ぶときも重要です。インターネットの口コミや評判を確認してみて、良い評判の業者を選ぶようにしましょう。また、あまり遠方過ぎない業者を選ぶのもポイントです。倉庫があまりにも遠すぎると、荷物を預けるときだけでなく、受け取る際にも負担が大きくなります。荷物は多いか、長期間預けるのか、頻繁に取り出すのかの3点を踏まえて倉庫は決めましょう。他にも選ぶポイントとして、セキュリティーチェックは欠かせません。大事な荷物が盗難などに合わないよう、セキュリティーはしっかり確認しておきましょう。預ける荷物が少量の場合は、郵送することで実際に足を運ばなくても預けることができる貸倉庫もあります。貸倉庫業者によってサービスも料金も様々ですので、慎重に選びましょう。

広告募集中